• twittertwitter
  • facebookfacebook
  • RSSRSS
 

カム・ギャザー・ラウンド・ピープル

カム・ギャザー・ラウンド・ピープル

カム・ギャザー・ラウンド・ピープル

高山羽根子 著
2019年7月18日発売
ISBN:978-4-08-771677-1
定価:本体1300円+税

購入する 電子版を購入する

第161回芥川賞候補作!
ひとりの営みが 社会に収束され
おばあちゃんは死んで 時代は変わっていく

担当編集のテマエミソ新刊案内

第161回芥川賞候補作!


走れ、記憶に追いつかれないように。

「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」
このタイトルにピンときた方もいらっしゃるかもしれません。これはボブ・ディランの名曲「時代は変る」(原題The Times They Are a-Changin')の冒頭の一節です。

100人が読めば100通りの形をとる今作で、あくまでその中の一人としてのことばですが、 静かに綴られる、個人的な記憶の濁流にのまれるうち、世界の大きな秘密に近づいてしまったように思います。読み終わると、この作品が「時代は変る」の一節をタイトルとしている意味が、ひしひしと迫ってきます。

皆さんは、何を感じられたでしょうか。たくさんの人にこの作品を読んでいただき、伺ってみたいです。ぜひお手にとってみてください。




<あらすじ>

おばあちゃんは背中が一番美しかったこと、下校中知らないおじさんにお腹をなめられたこと、自分の言い分を看板に書いたりする「やりかた」があると知ったこと、高校時代、話のつまらない「ニシダ」という友だちがいたこと……。大人になった「私」は雨宿りのために立ち寄ったお店で「イズミ」と出会う。イズミは東京の記録を撮りため、SNSにアップしている。映像の中、デモの先頭に立っているのは、ドレス姿の美しい男性、成長したニシダだった。
イズミにつれられてやってきたデモの群衆の中、ニシダはステージの上から私を見つけ、私は逃げ出した。敷き詰められた過去の記憶とともに、私は渋谷の街を思い切り走る。ニシダにつかまらないように。


(編集MK)

著者プロフィール

高山羽根子(たかやま・はねこ)
1975年富山県生まれ。多摩美術大学卒業。2010年「うどん キツネつきの」で第1回創元SF短編賞佳作を受賞し、デビュー。2016年「太陽の側の島」で第2回林芙美子文学賞を受賞。2018年『オブジェクタム』が第39回日本SF大賞最終候補に選出。2019年「居た場所」で第160回芥川龍之介賞候補。「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」で第161回芥川龍之介賞候補。

カム・ギャザー・ラウンド・ピープル

カム・ギャザー・ラウンド・ピープル
高山羽根子 著
2019年7月18日発売
ISBN:978-4-08-771677-1
定価:本体1300円+税

関連書籍

おすすめの単行本ピックアップ

ページのトップへページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.