• twittertwitter
  • facebookfacebook
  • RSSRSS
 

発達障害を生きる

発達障害を生きる

発達障害を生きる

NHKスペシャル取材班 著
2018年4月26日発売
ISBN:978-4-08-775437-7
定価:本体1200円+税

購入する 電子版を購入する

いま、多くの人が「発達障害」に関心を抱き、受診希望数も増えている。
当事者の声に耳を傾け、専門家による知見や海外の事例を紹介して、大きな反響を呼んだ生放送「NHKスペシャル 発達障害 ~解明される未知の世界~」をもとに書き下ろし、私たちが知るべき事柄についてやさしく解説した決定版。

担当編集のテマエミソ新刊案内

NHKスペシャル取材班による、「発達障害」の本当の姿。誰もが生きやすい社会をめざし、当事者の声や専門家の言葉から、やさしく解説。

 いま、多くの人が「発達障害」に関心を抱き、受診希望数も増えています。小中学生の15人に1人に、発達障害の可能性があるとも言われています。発達障害とは、いったいどのようなものなのでしょう? 私たちは、どう向き合っていくべきなのでしょうか。
 生放送で大きな反響を呼んだ「NHKスペシャル 発達障害 ~解明される未知の世界~」(2017年5月21日放送)。取材班は、発達障害の実像について、当事者の声にできるだけ耳をかたむけることから始め、専門家による最新の知見や、海外における事情を取材して、番組を制作しました。
 本書は、NHKスペシャル取材班が番組制作で得た、さまざまな情報をもとに書き下ろしたものです。本書が、「発達障害」を理解するきっかけとなり、誰もが生きやすい社会へのヒントになればと願っています。

目次(一部)
はじめに

  • 1 知られざる「感覚過敏」の世界
    当事者中心のスタジオゲスト
    発達障害の3分類とは?
    光や水が苦手。当事者が語る「感覚過敏」
    道で話すと相手の声は騒音にかき消される
    スーパーマーケットの冷蔵棚がうるさい
    感覚過敏がコミュニケーションの問題を引き起こす
    シミュレータで自閉スペクトラム症の人の世界を体験
    感覚過敏にやさしいスタジオセットにつくり直した
    刺激を減らして買い物を楽にするクワイエット・アワー
    ほか
      コラム1 感覚の困りごと─軽減する具体策
  • 2 ADHDと学習障害の当事者に見えるもの
    どうしても忘れ物をしてしまう女の子
    「だらしない」と言わないで
    教科書を音読できない男の子
    文字が文字だと認識できない
    対応できると、自分を受け入れられる
    ほか
      コラム2 苦手なこととの向き合い方
  • 3 二次障害のこわさ
    発達障害が引き起こす、さらなる困難
    発達障害「あるある」を共有する
    「普通」が正しいわけではない
    発達障害の当事者同士で集まることの意義
    ほか
      コラム3 「定型発達症候群」という考え方
  • 4 発達障害を抱えながら働く
    独特の個性を活かしてグローバル企業に就職
    レゴを使って「快適エリア」をつくる
    社交的でないと就職できないのは、仕組みがおかしい
    発達障害の人の雇用がグローバル化や人材不足を乗り越える鍵になる
    カミングアウト、する? しない?
    特性を理解し、受け入れることから
    ほか
      コラム4 発達障害を「堂々と」生きる

おわりに
主要参考文献

(担当 H. K.)

著者

NHKスペシャル取材班
国内外の発達障害研究・支援の最前線を取材し、NHKスペシャル「発達障害 解明される未知の世界」を制作(2017年5月21日放送)。本書の執筆を担当したのは、河瀬大作、齋藤真貴、上松圭、勝目卓、三善信一郎、生出知佳。

発達障害を生きる

発達障害を生きる
NHKスペシャル取材班 著
2018年4月26日発売
ISBN:978-4-08-775437-7
定価:本体1200円+税

関連書籍

おすすめの単行本ピックアップ

ページのトップへページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.