• twitter
  • facebook
  • RSS
 
 

担当編集のテマエミソ新刊案内

  • 一覧に戻る

春、戻る

  • 紙の本
  • 電子の本

『春、戻る』著者:瀬尾まいこ

定価:1,200円(本体)+税 2月5日発売

 今作の主人公・さくらは36歳。和菓子屋・春日庵の跡継ぎである山田さんとの結婚が決まり、仕事を辞めて料理教室と春日庵の手伝いに通いながら、穏やかな毎日を過ごしていました。

 ところが、ある日の料理教室の帰りに、見ず知らずで明らかに年下の男の子が「さくらのお兄ちゃんだよ」などと言って近づいてきて……。そんなオレオレ詐欺ならぬアニアニ詐欺(?)のような人物が現れたら、誰もが戸惑い、警戒度120%で対応しますよね。

 さくらも当然、距離を置こうとします。けれども、妙に人懐っこくて憎めない「お兄さん」は、なぜか山田さんとの結婚に口出しを始めます。式で出し物をやらせろと要求してきたり、相手の男を見極めたいと春日庵に通いだしたり(しかも、山田さん一家にすんなりと溶けこんで!)、挙句の果てには三人で遊園地デートをするはめに。

 ところが、「お兄さん」への警戒心が少しずつ解けて、心の距離が近づくたび、さくらがずっと蓋をしていた辛い過去――小学校教師として挫折したかつての日々――が目を覚まして……。

 どうして「お兄さん」は私の前に現れたのか? 「お兄さん」の正体は? すべての謎が明らかになった時、心の雪解けが始まり、さくらの「今」と「未来」がもう一度輝きだします。

 結婚という人生の大きな節目に生まれる、大きな、そしてチャーミングなドラマをぜひご堪能ください。

(担当I・H)


ページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.