• twitter
  • facebook
  • RSS
 
 

担当編集のテマエミソ新刊案内

  • 一覧に戻る

カウントダウンノベルズ

  • 紙の本
  • 試し読みはこちら

『カウントダウンノベルズ』豊島ミホ

定価:1,300円(本体)+税 5月26日発売

 豊島ミホさんの新作が刊行されました。
 今回の舞台はなんとJ-POPシーン!
 音楽業界の中でも一番大きなマーケット、かつ、一番華やかなジャンルです。

 豊島さんが描いたのは、音楽そのものではなく、J-POPのTOP10アーティストたち。もちろん小説なので、すべて架空の人物です。
 とはいえ、登場人物の気持ちも行動もとてもリアル。
 驚いたことに、執筆のための取材は全くされなかったとか。
 豊島さんは、中学3年生の頃から今に至るまでJ-POPを聴き込んでいるだけに、音楽シーンを賑わせた数多くのミュージシャンあるいはアイドルの姿が、脳裏にしっかりと焼きついているのでしょう。

 トップを走り続ける歌姫の、はりつめた気持ち。
 時期女王とされるNo.2アイドルの、無敵の輝き。
 人気バンドが直面する、人間関係の危機。
 ・・・・・・etc.

 読めばきっと「ああ、分かる分かる」と、(知らないし経験もないのに)思ってしまうことでしょう。
 でも、この短編集の凄さは、そんなものじゃありません。
 なんと! ランキングの順位が下がっていくほど、物語がさらに深く豊かになっていくのです!!

 例えば、5位の人気女子アイドルグループ「シュガフル」。メンバーの一人である主人公が、一番人気のメンバーを見て思うこと。これが単なる「嫉妬」だと、当たり前だしつまらない。豊島さんは、もっとキラキラしたものを見せてくれます。
 そして、8位のアコースティック男性デュオ「ウィンド・オア・ソングス」。声も人気もすでにピークが過ぎていて哀しいのですが、待っている人のために歌おうとするベテランならではの強さが、ちょっと涙を誘ったりするのです。
 他にも、事務所から見離されたバンドがいて、これから世に出る新人がいて――。

 現実のチャートでもそうですが、TOP10にランクインする人間は、何がしかの才能(運も含む)に恵まれています。でも、「今」が永遠につづくわけではないし、才能に差がないわけでもない。
 ああ、才能がものをいう世界の、何とシビアなことか。
 そう、『カウントダウンノベルズ』は「才能」をめぐる物語なのです。

 これは、豊島さんが宣伝用POPに書いてくれたメッセージです。この優しさがあるからこそ、勝者がいて敗者もいる10編が揃ったのだと思います。

  「人生に勝ち負けはないって思えたら
   幸せかもしれない。
   でも、敗者の涙も、勝者の涙も、
   私は好きです。」
(編集H)


ページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.