• twitter
  • facebook
  • RSS
 
 

担当編集のテマエミソ新刊案内

  • 一覧に戻る

パワー系181

  • 紙の本
  • 試し読みはこちら

『パワー系181』墨谷渉

定価:1,300円(本体)+税 1月5日発売

デカい女……最近は別に珍しくはないですね。

担当編集のワタクシも「デカっ!」と言われる類です。はい。

日本も食生活の変化などで、体も欧米人に近づいてきました。

でもこの小説の登場人物の「リカ」は半端じゃないんです。

181cm、体重88kg、しかも日々ジムでパワーアップを図り、
それはスゴい肉体になっています。

その理由は、スリーパーホールドの極め技で男を失神させたいからなんです。

「リカ」がホームページで公開したサロンには(所謂風俗でもSMでもないんです)
リカの体を測量したい男や、張り手を望む男、衣類を交換したい男、
短躯ゆえに大女を屈服させたい男など、かなり変わった男達が訪れます。

もちろん料金を払います。

非日常の空間で何かマニアックなことが繰り広げられる小説?
と思われるでしょう。たしかにそんな感じではあります。

が、今日の「快楽」に対する感じ方(体感)は様々です。

おそらく今まで読んだことのない、想像を超えた小説に出会うことになるでしょう。

快か不快か、創造か破壊か……読者ひとりひとりに、
おのれのエクスタシーの形を問われることになるかもしれません。

おっ! これ俺じゃん、と思う人もいるかも。

いずれにしても、読後必ず何かが生まれることをお約束します。

パンチの効いた内容と造本をお楽しみ下さい!

愛知県在住、第31回すばる文学賞を受賞した期待の新人。大物です。
(編集F)


ページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.