内容紹介

青春は気まずさでできた密室だ——。

青春は気まずさでできた密室だ——。
今、最注目の若手ミステリー作家が贈る珠玉の短編集。
始発の電車で、放課後のファミレスで、観覧車のゴンドラの中で。不器用な高校生たちの関係が、小さな謎と会話を通じて、少しずつ変わってゆく——。
ワンシチュエーション(場面転換なし)&リアルタイム進行でまっすぐあなたにお届けする、五つの“青春密室劇”。書き下ろしエピローグ付き。

「早朝始発の殺風景」
早朝始発の列車でなぜか出会った同級生(あまり仲はよくない)の思惑はどこにある——?
男女の高校生がガラガラの車内で探り合いの会話を交わす。

「メロンソーダ・ファクトリー」
女子高生三人はいつものファミレスにいた。いつもの放課後、いつものメロンソーダ。
ただひとつだけいつも通りでないのは、詩子が珍しく真田の意見に反対したこと。

「夢の国には観覧車がない」
高校生活の集大成、引退記念でやってきた幕張ソレイユランド。気になる後輩もいっしょだ。なのに、なぜ、男二人で観覧車に乗っているんだろう——。

「捨て猫と兄妹喧嘩」
半年ぶりに会ったというのに、兄貴の挨拶は軽かった。いかにも社交辞令って感じのやりとり。でも、違う。相談したいのは、こんなことじゃないんだ。

「三月四日、午後二時半の密室」
煤木戸さんは、よりによって今日という日に学校を欠席した。
そうでもなければ、いくらクラス委員だとしても家にまでお邪魔しなかっただろう。
密室の中のなれない会話は思わぬ方にころがっていき——。

「エピローグ」
登場人物総出演。読んでのお楽しみ。

早朝始発の殺風景

早朝始発の殺風景青崎有吾
2019年1月4日(金曜)
208P
四六判ハードカバー
ISBN:978-4-08-771174-5
定価:本体1450円+税

著者プロフィール 著者メッセージ

青崎有吾(あおさき・ゆうご)
1991年神奈川県生まれ。明治大学文学部卒業。2012年『体育館の殺人』で鮎川哲也賞を受賞し、デビュー。著書に『水族館の殺人』『風ヶ丘五十円玉祭りの謎』『図書館の殺人』『ノッキンオン・ロックドドア』の他、「アンデッドガール・マーダーファルス」シリーズがある。

「密室劇」が大好きなので、全部密室劇の短編集を書きました。大変でした。彼らの小さな物語を楽しんでいただけたら嬉しいです。 青崎有吾

試し読み

早朝始発の殺風景

 プラットホームには朝が満ちていた。

 朝の雰囲気とはしたたかなもので、その柔らかな光に照らされれば、どんなに退屈な景色でも静謐で平穏で爽快に様変わりしてしまう。ここ横槍線・鶉谷駅も例外ではなく、薄汚れた椅子から錆びた自販機、防犯カメラのぶらさがった柱から雨漏りのひどいトタン屋根に至るまで、すべてが朝に吞み込まれていた。

読む

応援コメント(随時更新)

青崎さんは学園物が本当に上手い!
リア充な高校生活を堪能したのに違いない。(嫉妬)

名前以外は、何処にでもありそうな場所、居てそうな男子女子高生なんだけど、こんな日常の中にも、ささやかな事件は起こり続ける。

そしてワンシチュエーションながら、緻密に本格推理の形式に則り、見事に論理的に問題は解決されて行くのであった。

まるで何事も無かったかの様に。

エピローグのオールスターキャストは最高だぁ。
下の名前を知り合った後の二人の物語が読みたいなぁ。

ああ、青春!

大垣書店 豊中緑丘店・井上哲也さん

期せずして一緒に行動しなくちゃいけなくなったクラスメイト。
ずっと仲良しでいられると思っている友達。
今まで特に気にしていなかった後輩。

同じ距離感のまま、毎日が過ぎるなんて嘘なんじゃないかと思います。時に学生時代は。
一日学校を休んだだけで、クラスの雰囲気が自分によそよそしく感じる時があるように。
肌感で、気配で、言葉の切れ端で。
なんとなくいつもと違う距離を感じてしまう——。
急に近くなるときもあれば、これまた急に遥か遠くになることも。

そのときにいつも漂う「気まずさ」が、この作品にはつまっています。
あの感じ、あの緊張をこんなにリアルに書けるのは、さすがは青崎さん。
本当に素晴らしいです。

短編五編の登場人物全員の肩に手を置いて、訳知り顔で言いたいです。
「わかるよ」
と。(そして、新たな気まずさが生まれる……)

ミステリー好きの方にも太鼓判の短編集となっております。
ぜひ、ご一読を。

集英社 編集担当・S

米澤穂信×青崎有吾 対談

青春とミステリの、特別な関係

米澤穂信さん二年ぶりの新刊『本と鍵の季節』は、図書委員の男子高校生コンビが謎に挑む、爽やかでちょっとほろ苦い図書室ミステリ。一月刊の青崎有吾さん『早朝始発の殺風景』は、始発電車や遊園地の観覧車などさまざまな状況で推理劇がくり広げられる連作短編集です。デビュー作以来、ともに本格ミステリの実力派として名を馳せてきたお二人。それぞれの新作にこめた思いとは? 意外な初対面のエピソードから、"青春とミステリ"の関わりまで、たっぷり語り合っていただきました。

聞き手・構成=朝宮運河

対談を読む

早朝始発の殺風景

早朝始発の殺風景青崎有吾
定価:1,450円(本体)+税
発売日:2019年1月4日(金曜)発売

青春は気まずさでできた密室だ——。
今、最注目の若手ミステリー作家が贈る珠玉の短編集。始発の電車で、放課後のファミレスで、観覧車のゴンドラの中で。不器用な高校生たちの関係が、小さな謎と会話を通じて、少しずつ変わってゆく——。

このページのtopへ戻る
Copyright© SHUEISHA Inc. All rights reserved.