ニュース

3rd season連載決定!
読者の皆様からの熱い応援を受けて『2.43 清陰高校男子バレー部』、『2.43 清陰高校男子バレー部 second season』に続く3rd seasonの連載開始が決定しました。開始時期などの詳細はこちらのコーナーや集英社文芸書ツイッターアカウントにてご案内します。清陰チームの新たな挑戦にご注目ください。
(2016年7月29日)

推薦コメント

バレーボールに愛された王様か、
チームメイトという力を得た天才か…。
春高バレーという誰もが憧れる舞台への切符を求め、進んで行く。

僕もこいつらとバレーがしたかった!

本の情報

【単行本】


2.43 清陰高校男子バレー部 second season
壁井ユカコ
2015年6月5日発売
価格/1,600円(本体)+税
装画/山川あいじ 装丁/鈴木久美

紙の本 ご購入はこちら
電子版 ご購入はこちら


【1stシーズンを二分冊にして文庫化!】


2.43 清陰高校男子バレー部 ①
壁井ユカコ
2015年3月20日発売
価格/520円(本体)+税
装画/山川あいじ 装丁/鈴木久美

紙の本 ご購入はこちら
電子版 ご購入はこちら


2.43 清陰高校男子バレー部 ②
壁井ユカコ
2015年4月17日発売
価格/520円(本体)+税
装画/山川あいじ 装丁/鈴木久美

ご購入はこちら
電子版 ご購入はこちら

あらすじ

ページトップへ

登場人物紹介ページトップへ試し読み

『2.43』シリーズの一部を無料公開中!
『2.43 清陰高校男子バレー部』
プロローグ+第1話「少年ユニチカ」
試し読み

『2.43 清陰高校男子バレー部 second season』
プロローグ+第1話「笑うキングと泣き虫ジャック」
試し読み

※どちらもレンザブロー連載時の原稿です。単行本化・文庫化にあたり加筆・修正されています。

著者紹介+メッセージ


壁井ユカコ

沖縄出身の父と北海道出身の母をもつ信州育ち、東京在住。
学習院大学経済学部経営学科卒業。
第9回電撃小説大賞〈大賞〉を受賞し、2003年『キーリ 死者たちは荒野に眠る』でデビュー。
著書に『K -Lost Small World-』『サマーサイダー』『代々木Love&Hateパーク』「五龍世界」シリーズ、他多数。

壁井さんからのメッセージ



才能はあるけれどそれぞれに何か難儀な欠点や事情を抱えた登場人物たちが、互いに必要としあいながらチームになっていきます。私自身が大好きなバレーボールの魅力を読んだ方にも感じてもらえたらという想いと、キャラクターへの愛情を丁寧にこめて書きました。
関わってくださった担当編集諸氏も、2年間にわたり何度も一緒に大会会場に足を運んでくださるうちにバレーボールや選手への興味を深めてくださり、また著者の想いに負けず劣らず登場人物たちに愛情を抱いてくださいました。
制作関係者にたくさん愛されて完成した幸せな作品になりました。
次は読者の方々に愛される本になることを願っています。どうかお楽しみいただけますように!


 高校バレーの取材をはじめてもう5年目になりました。1年生や2年生の頃から見てきた選手が3年生になり、卒業し、新しい代になり……強いチームがずっと強くはいられないこともあれば、先輩たちの代が果たせなかった夢を後輩たちがとうとう果たすことも……。このチームで一つでも多く勝ちたい。先輩のため、後 輩のため、一緒にやってきた同期のため。選手たちの思いが見ている側にも伝わってきます。
 セカンドシーズンではそんな「この一年」に懸ける戦いを描いています。3年生2人を今年絶対に春高に連れていきたい清陰高校が挑む相手は、県代表常連の強豪・福蜂工業。ところが相手にも当然3年生はいて、どうしても今年の春高でなすべきことがある。春高への切符は譲れない――両校の強い思いがぶつかる戦いを、どうぞ結末まで見届けてください。

ページトップへ

イラストギャラリー


応援メッセージを見るインタビューを読む

RENZABURO topへ戻るCOPYRIGHT © SHUEISHA INC. ALL RIGHT RESERVED.

空への助走 福蜂工業高校運動部 >特設サイトへ