• twittertwitter
  • facebookfacebook
  • RSSRSS
 

オフマイク

オフマイク

オフマイク

今野 敏 著
2020年7月3日発売
ISBN:978-4-08-771718-1
定価:本体1800円+税

購入する 電子版を購入する

“スクープ”を掴み取り、“事件解決”を目指せ! 報道記者・布施×敏腕刑事・黒田の異色バディが活躍する“スクープ”シリーズ最新作『オフマイク』7月3日(金)発売

担当編集のテマエミソ新刊案内

警察小説の旗手・今野さんが描く『オフマイク』は、嗅覚の報道記者・布施と執念の敏腕刑事・黒田がタッグを組む“スクープ”シリーズの最新作です。

今回の事件は、二十年前に起こった大学生の自殺が、どうやら現役大物政治家の黒い繋がりと関係しているのではないか、という情報が黒田の同期で捜査二課の多岐川からもたらされるところから転がり出します。
一方、布施が担当する報道番組「ニュースイレブン」にもきな臭い話が。人気キャスター・香山の引き抜き話に加えて、番組打ち切りの噂に、関係者たちはにわかに浮足立ちます。
そんななか布施だけは、いつものようにどこ吹く風で気になる事件を追い続け、それにヒントを得た黒田は捜査線上にある一人の男を見つけ出し──。

夜の街を飲み歩き、面白そうな話に顔を突っ込む飄々としたスタイルの布施と、頑固一徹で未解決事件の解決に突き進む黒田は、実はどちらも今野さんの持つ側面のような気がします。
加えて布施と黒田がよく会う居酒屋「かめ吉」にも、なんとなくモデルがあるような……。
色々と想像をしながら、先の展開を味わっていただきたい一作です。

著者プロフィール

今野 敏(こんの・びん)
1955年北海道生まれ。1978年、上智大学在学中に「怪物が街にやってくる」で第4回問題小説新人賞を受賞。卒業後、レコード会社勤務を経て執筆活動に専念。2006年『隠蔽捜査』で第27回吉川英治文学新人賞を、2008年『果断 隠蔽捜査2』で第21回山本周五郎賞、第61回日本推理作家協会賞をダブル受賞。2017年「隠蔽捜査」シリーズで第2回吉川英治文庫賞受賞。空手の師範で道場「空手道今野塾」を主宰。

オフマイク

オフマイク
今野 敏 著
2020年7月3日発売
ISBN:978-4-08-771718-1
定価:本体1800円+税

関連書籍

おすすめの単行本ピックアップ

ページのトップへページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.