• twittertwitter
  • facebookfacebook
  • RSSRSS
 

カケラ

カケラ

カケラ

湊かなえ 著
2020年5月14日発売
ISBN:978-4-08-771716-7
定価:本体1500円+税

購入する 電子版を購入する

美しさとはなにか。幸せとはなにか。
「美容整形」をテーマに、容姿をめぐる固定観念をあぶりだす、心理ミステリ長編!

担当編集のテマエミソ新刊案内

5月14日(木)、湊かなえさんの最新作『カケラ』が発売されました。
今作のテーマは「美容整形」。
ある少女の死の謎を追いながら、美しさや幸せの意味を問う、心理ミステリ長編です。

物語は、美容クリニックで働く医師・久乃のもとに、故郷の同級生が訪ねてくるところからはじまります。その同級生の噂話に出てきたのは、小学生時代にいじめられていたクラスメイト・八重子の近況と、八重子の娘が自殺したというニュース。
八重子の娘は、母の作る手作りドーナツが大好きで、中学時代は明るく人気者だったそうです。しかし、高校から徐々に不登校になって、ある日、大量のドーナツに囲まれて死んでいるところが見つかって――。
少女はなぜ死を選んだのか。
関係者たちの証言によって、少しずつ事件の全貌が明らかになります。
全七章のスリリングな物語、ぜひお楽しみください。

『カケラ』特設サイト
https://www.shueisha.co.jp/kakera/

『カケラ』刊行記念インタビュー「美しくなったら、本当に幸せになれるのか?」
http://seidoku.shueisha.co.jp/2005/read06.html

著者プロフィール

湊かなえ(みなと・かなえ)
1973年広島県生まれ。2007年「聖職者」で第29回小説推理新人賞を受賞、受賞作を収録した『告白』でデビュー。同作で09年本屋大賞を受賞。12年「望郷、海の星」で日本推理作家協会賞短編部門、16年『ユートピア』で山本周五郎賞を受賞。18年『贖罪』がエドガー賞候補となる。その他の著書に『夜行観覧車』『母性』『白ゆき姫殺人事件』『リバース』『山女日記』『未来』『落日』など多数。

カケラ

カケラ
湊かなえ 著
2020年5月14日発売
ISBN:978-4-08-771716-7
定価:本体1500円+税

関連書籍

おすすめの単行本ピックアップ

ページのトップへページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.