• twitter
  • facebook
  • RSS
 
 

担当編集のテマエミソ新刊案内

  • 一覧に戻る

いのちの姿

  • 紙の本
  • 電子の本

『いのちの姿』著者:宮本輝

定価:1,200円(本体)+税 12月5日発売

作家・宮本輝さんのエッセイ集『いのちの姿』が刊行されました。

著者が人生の折々に巡り合った忘れ得ぬ人々の面影が、円熟した筆致で描かれています。
いままで語られることの無かった異父兄との邂逅を描く「兄」、シルクロードへの旅にまつわる回想「星雲」、小説『優駿』執筆当時の不思議な経験を描く「殺し馬券」、ある老人の死に黙考する「消滅せず」など、滋味あふれる全14編です。

あとがきに、「私はある時期からエッセイを書くことをやめていた。懇意な編集者の熱心な依頼であっても、平謝りしてお断りさせていただいてきた。小説に専念したかったからだ」との宮本さんの言葉があります。そんな著者が今回あえて筆を執り、満を持して書かれた、大人のための随筆です。

人間の『生』の深遠を見つめるような一冊。ぜひ御一読ください。

(編集AT)


ページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.