• twitter
  • facebook
  • RSS
 
 

担当編集のテマエミソ新刊案内

  • 一覧に戻る

フェイバリット・ワン

  • 紙の本
  • 電子の本

『フェイバリット・ワン』著者:林 真理子

定価:1,500円(本体)+税 3月26日発売

 女性誌「MORE」連載中、毎月大きな反響を呼んでいた大人気作品がついに刊行です!

 今作の主人公は、国内の弱小ブランドで働く駆け出しのファッションデザイナー、夏帆23歳。専門学校卒業後、アパレルメーカーに就職したものの、手がけるのは最先端のデザインを焼きなおしたような洋服ばかり。プライベートでは、専門学校時代からの恋人・譲一と会社の営業部のエース・坂本さんの二人の間で揺れている。

 そんなどこか中途半端で、どこにでもいる「ふつうの女の子」だった夏帆は、合コンで出会ったお笑い芸人の智行との恋や、新ブランドを立ち上げる先輩からのヘッドハンティングをきっかけに、大きな転機を迎えます。パリコレで嚙みしめた悔しさ、新しい男性との出会い、オリジナルブランド「NATSU」の立ち上げ……。

 もっと素敵な恋愛をしたい。もっと上質な洋服のデザインをしたい。そして、世界から認められたい――。

 「そう、これは小説版“野心のすすめ”なんです」(「青春と読書」2014年4月号より)と著者の林さんご自身が語る通り、夏帆は野心を力に「ふつうの女の子」の殻を破り、「特別な女の子」への階段を上りはじめます。

 仕事の成功も本物の愛も大きな挫折も、自分の手で選びとり、その結果を自分自身で受け止める。そんな、甘くて苦い現代のシンデレラ・ストーリーの誕生です。


ページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.