• twitter
  • facebook
  • RSS
 
 

担当編集のテマエミソ新刊案内

  • 一覧に戻る

彼が通る不思議なコースを私も

  • 紙の本
  • 電子の本

『彼が通る不思議なコースを私も』著者:白石一文

定価:1,600円(本体)+税 1月6日発売

 第142回直木賞を受賞した『ほかならぬ人へ』をはじめ、「運命」を巡る数々の名著を物してきた白石一文さんによる、待望の最新長編小説『彼が通る不思議なコースを私も』が、ついに刊行されます。

 物語の主人公は、大学を出て大手家電メーカーに勤める、霧子。
 ある日、彼女は友人カップルの別れ話に巻き込まれ、別れを切り出された彼氏がビルの10階から飛び降りる…という修羅場に遭遇する。その緊迫した現場で、霧子は黒ずくめの不思議な男を見かけた。しかし男は霧子たちを助けもせず、いつの間にかいなくなってしまう。しばらくして、霧子はひょんなことから飲み会の場でその男と再会。彼の名前は椿林太郎。初対面の印象とは違い、彼は学習障害児の指導に携わる優秀な小学校教師だった。

  「本物の時間というのは、絶えず伸びたり縮んだりしているんだよ。
  人間はみんなひとりひとり、持っている時間の長さが違うんだ――」


 彼は、小学校時代に自らの学習障害に悩んだ経験があり、教育の実践からこの世界を変えることを心に強く期していた。霧子はそんな彼にどんどん魅かれていく。しかし実は、彼には知られざる不思議な能力があって……。

 ・・・とあらすじを書いてみましたが、この小説はダイジェストでは到底説明できない、多面的な物語です。
 「世界を変える男の話」であり、「夫婦関係を巡る小説」であり、「子どもの持つ可能性について考えさせられる小説」でもあり、また、「人生における”時間”(寿命)とはなにか?」といった深い問いをも内包しています。
 読む人によって、この作品の印象は千変万化するはずです。ただひとつ確かなことは、非常に濃密に織られた、とてもエキサイティングな小説だということです。
 初めてこの原稿をいただいたときに、その面白さに大興奮するとともに、人間の持つまだ未知の可能性に眼が開かれる思いがしたことを、いまでもありありと覚えています。
 ぜひご一読ください。

(担当:AT)

YOU TUBEにて、著者インタビュー動画を公開中!



「小説すばる」12月号 新刊レビュー(評者:松原耕二)
http://syousetsu-subaru.shueisha.co.jp/review/index.html


ページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.