• twitter
  • facebook
  • RSS
 
 

担当編集のテマエミソ新刊案内

  • 一覧に戻る

野武士、西へ 二年間の散歩

  • 紙の本
  • 電子の本

『野武士、西へ 二年間の散歩』著者:久住昌之

定価:1,500円(本体)+税 8月5日発売

久住昌之さんの最新エッセイ『野武士、西へ 二年間の散歩』がついに完成、発売となりました!

今作は、TVドラマが3シーズン目に突入、大人気漫画『孤独のグルメ』の原作者でもある久住さんが「小説すばる」に2年間連載された散歩エッセイです。

「ちょっと大阪まで散歩しに」行こう。ある日ふとそう思った久住さんは、「一気に行くのは無理だから、ちょっとずつ。大人だから途中でビール飲んでも、よし! 温泉に入っても、よし!」と決めて、ほぼ月イチペースで東海道を歩き始めることに。

一体、どんな散歩になったのかをほんの少しだけご紹介すると……

・箱根越え――旧東海道の石畳の道を「行くしか、ぬ!」
・熱田――東日本大震災直後、複雑な心境を抱えて歩く。
・関――長年連れ添った東海道と別れ、未知の大和街道へ。
・生駒山――夏の終わりの階段登山で汗グッショリ。

ある時は大いに道に迷い、ある時はトイレを探し求めて苦しみ、そしてまたある時は、ふらりと入った居酒屋で人生を思う日々がつづられていきます。

デビュー以来の盟友である和泉晴紀さんの挿絵とともに連載時からじわりじわりとファンを増やしてきましたが、単行本化にあたり大幅に加筆修正。しかも和泉さんの挿絵を完全収録いたしました。読み応えを増した今作、ぜひお手にとってみてください。(そしてカバーを外していただくと…!! ぜひ書店でお確かめを~!)

(編集I・H)


ページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.