• twitter
  • facebook
  • RSS
 
 

担当編集のテマエミソ新刊案内

  • 一覧に戻る

GO!GO!アリゲーターズ

  • 紙の本

『GO!GO!アリゲーターズ』著者:山本幸久

定価:1,500円(本体)+税 4月26日発売

 新人女漫才コンビ、アカコとヒトミの青春を描いた小説『笑う招き猫』でデビュー。ユーモアの効いた筆致とチャーミングな人物造形で、愛すべき普通の人々の物語を紡ぎだしている山本幸久さん。今作では、アラサー×バツイチ×シングルマザーで人生に遭難中の茜を主人公に、地方球団「アリゲーターズ」の山あり谷ありの奮闘を描き出します。

東京ではデザイン会社に勤めていたものの、ダメ夫との離婚を契機にすべてを捨てて、一人息子を連れて地元に帰ってきた茜。勤務体系の問題で実家に預けている息子と一緒に暮らす日を夢見て、たまたま採用された「アリゲーターズ」の事務局で働きはじめます。

球団は成績も経営も低迷気味なうえに、集まっている選手やスタッフは一癖も二癖もあるメンツばかり。たとえば、監督は試合へのやる気はゼロで趣味はセクハラ。茜の上司であるゼネラルマネージャーは元有名プロ野球選手で、今は仕事の鬼。そしてなぜかいつも全身ピンクできめている奇人。エースピッチャーは追い込まれるとマウンドでいつも号泣してしまう泣き虫。チアリーダーの一人は、派手系の美女だけれど実は元「男」。

 茜は当初、彼(彼女)らの強烈すぎる個性に翻弄されてばかりですが、物語が進むにつれて、一人一人がかつて抱いていた夢のあとさき、そして今ここで抱こうとしている夢に気づきはじめて――。仕事にも家庭にも中途半端だった茜が、初めて必死になって、初めて一生懸命に走り出した先に見えてくるのはチーム解散の危機か? それともリーグ優勝か? 最後の最後まで目が離せない展開が続きます。日々奮闘するすべての人へ贈る、最高のお仕事小説&野球小説に仕上がりました。ぜひご一読ください!

(編集I)


ページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.