• twitter
  • facebook
  • RSS
 
 

担当編集のテマエミソ新刊案内

  • 一覧に戻る

未来国家ブータン

  • 特設サイトへ
  • 紙の本
  • 電子の本

『未来国家ブータン』著者:高野秀行

定価:1,500円(本体)+税 3月26日発売

今、書店にはたくさんのブータン関連本が並んでいますが、
高野さんがこの企画に着手し、ブータンへ旅立ったのは2010年4月のこと。
ワンチュク国王とベマ王妃来日で注目を集めることになるずっと前。
高野さんのモットーは「誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、
それをおもしろおかしく書く!」。
このモットーに照らせば、その時でさえ、ブータンはある程度知られ、決して魅力的な国ではなかった。
しか~し、ブータンの国立生物多様性センターの主任研究官のこのひと言ですべてが変わった!
「ブータンには未知の生物はいません。でも雪男はいますよ」
高野さんの目が光った瞬間だった。
しか~し、行ってはみたものの、旅は困難を極めた。標高3000m級、キャラバン隊を組んで進む肯定は過酷だった。高山病にかかり、さらに困ったことに、高所であることも忘れて酒を飲みすぎ二日酔い。
しか~し、旅の先々で現地の人々とのリアルな触れ合いの中で、今、この国が注目を集める理由が次第にはっきりしていくのだった。
数あるブータン本の中で、もっとも生々しいブータンを描いた一冊だと
編集部は自信を持ってお勧めしたい。
さて、雪男がみつかったかどうかは……、秘密!

(編集EJ)

高野さんが撮影したリアルブータン写真館はこちら!


ページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.