• twitter
  • facebook
  • RSS
 
 

担当編集のテマエミソ新刊案内

  • 一覧に戻る

我が家の問題

  • 特設サイトへ
  • 紙の本

『我が家の問題』著者:奥田英朗

定価:1,400円(本体)+税 7月5日発売

 2007年の発売以来ロングセラーとなっている『家日和』に続く、奥田版ホームドラマの第二弾です!

 今回は「新婚なのに家に帰りたくなくなった夫」や「どうやら夫は仕事ができないと気づいてしまった妻」「里帰りのしきたりに戸惑う新婚夫婦」など、ささやかだけれど悩ましい問題を抱えてしまった六組の家族が登場します。

 問題というのは「妻が完璧すぎて一人暮らしの気楽さが恋しい」など、本当にささやかで、だからこそ当人にとっては切実きわまりないものばかり。きっと、読み進めるうちに「分かる分かる!」と笑ったり、「そういうこと、あるよな~」としみじみ共感してしまうはず。

 当然ながら、世界を震撼させるテロ事件や運命的な恋愛は1ミリたりとも登場しませんが、どこにでもある平凡な家庭のドラマが最高に面白くって、最高に涙腺を刺激するという奥田マジックをぜひ味わってみてください。
(ちなみに担当者は、この作品の単行本化作業を始めて以来、こまめに里帰りするようになりました。なぜか不思議と家族の顔を見たくなるんです。これぞ奥田マジック!)

『我が家の問題』特設サイトはこちら

(編集H・I)


ページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.