• twitter
  • facebook
  • RSS
 
 

担当編集のテマエミソ新刊案内

  • 一覧に戻る

われにやさしき 人多かりき わたしの文学人生

  • 紙の本

『われにやさしき 人多かりき わたしの文学人生』著者:田辺聖子

定価:1,700円(本体)+税 3月25日発売

幾度めかのブーム真っ只中。20年前、30年前に刊行された作品が、つぎつぎに新装復刊し、若い読者を新たに獲得している田辺聖子さん。親子二代、はたまた祖母・母・娘の三代で愛読する読者も少なくないとか。
さて、この3月に83歳になられたばかりの"お聖サン"の新刊は、「文学的自叙伝」! 『田辺聖子全集』全24巻(2004~2006年、集英社刊)の各巻末に掲載された「自著解説」が一冊の単行本にまとめられました。執筆当時の取材ノートや膨大な資料類を掘り起こしつつ、自らの言葉で過去の作品について読み解いた渾身の24篇です。そして解説のみならず、時代風俗、当時の文壇との交流などなども、鮮やかに記録されています。もちろん、最愛の「おっちゃん」とのエピソードも盛りだくさん。ファン必読の一冊です!

(編集I)


ページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.