• twitter
  • facebook
  • RSS
 
 

担当編集のテマエミソ新刊案内

  • 一覧に戻る

無頼無頼ッ!(ぶらぶらッ!)

  • 紙の本

『無頼無頼ッ!(ぶらぶらッ!)』矢野隆

定価:1,400円(本体)+税 7月26日発売

昨年、第21回小説すばる新人賞受賞作『蛇衆』でデビューした
矢野隆氏の、待望の二作目がついに刊行となりました!

今回は、正反対の性格の二人組による冒険活劇です。

ときは大坂の陣から5年。訳あって諸国を流浪する武士・兵庫(ひょうご)は、
商人・蜘蛛助(くもすけ)の用心棒として、3年前から行動をともにしています。

蜘蛛助は、好奇心の塊のような人物で、「不可思議」が大好物。

ある初秋の日、博多で一仕事終えた蜘蛛助は、ある女から「阿蘇の山を
分け入ったその奥に、大きな鉄の門がある」という噂をききつけます。

「見てみたい!!」と目を輝かせる蜘蛛助と、またかと呆れる兵庫。
ともあれ、門を目指して旅に出たふたりですが、やがて、
その道が、世にも奇妙な国へ通じていたことに気づくことに……!

「蛇衆」たちの、切なく熱い友情にぐっときた前作。
今回も、蜘蛛助と兵庫の、ひとあじ違う"友情"が楽しめるはずです!

『無頼無頼ッ!』特設サイトはこちら

(編集Ⅰ)


ページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.