• twitter
  • facebook
  • RSS
 
 

担当編集のテマエミソ新刊案内

  • 一覧に戻る

WILL

  • 紙の本

『WILL』本多孝好

定価:1,600円(本体)+税 10月5日発売

7年前に刊行され、その後文庫化、30万人の読者の心をとらえた『MOMENT』の待望の姉妹編。本作『WILL』は、『MOMENT』の主人公・神田の幼馴染の女性、森野の物語です。18歳のときに両親を事故で亡くし、家業の葬儀屋を継いだ森野。29歳になった現在も、寂れた商店街の片隅で店を経営しています。
アメリカに渡った神田とは、時折電話で話をしますが、彼との距離を縮めることは、今の森野にはまだできていません。

そんな森野のもとに、仕事で関わった「死者」を媒介にした不思議な話が、つぎつぎに持ち込まれてきます。最初は、森野の高校の同級生・安奈。
彼女の父親の葬儀が森野葬儀店によって執り行われた少し後、家族のもとに“死者からのメッセージ”が届き……。「死者」たちが語ろうとするものは何なのか? 死者の尊厳、遺された人々の想いを守るため、森野は、隠された「真実」を探ろうとします……。

死者たちが遺した、大切な人たちへの強い想い。
死者をおくった者たちの、気持ちの行方。
独りで生きてきた森野の不器用な生き方。
そんな森野を見守る従業員や商店街の人々、そして神田。
ページのどこを繰っても、温かさと愛に満ちた、そんな物語です。

集英社『WILL』特設サイトはこちら
(本多孝好さんとモデルの杏さんの対談も掲載されています!)

(編集I)


ページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.