• twitter
  • facebook
  • RSS
 
 

担当編集のテマエミソ新刊案内

  • 一覧に戻る

皇后ジョゼフィーヌのおいしい人生

  • 紙の本
  • 試し読みはこちら

『皇后ジョゼフィーヌのおいしい人生』藤本ひとみ

定価:1,600円(本体)+税 5月26日発売

華麗な中世のフランスロマンを描き続けている藤本ひとみさんが
今作の主人公に選んだのがジョゼフィーヌ。
知らない人も多いかと思いますが、
あのナポレオン・ボナパルトの妻であった女性です。
妻であった、とは、過去のこと。
子が産まれないという理由でナポレオンから離婚されました。
が、なんと、ジョゼフィーヌは離婚後も「皇后」であり続けたのです。
というと、なんだか強欲でしたたかな女、というイメージがありますが、
(ある意味、強欲ではありますが)、
藤本さんの描くジョゼフィーヌは、なんだかとてもかわいいのです!

恋もしたい!
お金も欲しい!
名誉も欲しい!
若さも失いたくない!
美貌も手に入れたい!
もちろん、愛も欲しい!
欲しい!
欲しい!
欲しい!

「ちょっとは、我慢せ~や! われぇ!」とつい突っ込みも入れたくなりますが、
そこは貴族の中の貴族! こんな風に自分の欲望に正直になれるジョゼフィーヌが
なんだかとても愛らしくて、羨ましも感じてくるから不思議です。
一度でいいから(笑)、こんな人生、味わってみたくなるかも! です。
(編集E)


ページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.