• twitter
  • facebook
  • RSS
 
 

担当編集のテマエミソ新刊案内

  • 一覧に戻る

ヘッセの夜 カミュの朝

  • 紙の本

『ヘッセの夜 カミュの朝』ささめやゆき

定価:3,000円(本体)+税 3月5日発売

絵本や書籍のイラストレーション、ポスターなど幅広い活躍をしている
ささめやゆきさんが、独学で絵を描き始めたのは24歳の冬。
それからパリ、ニューヨーク、再びフランスに行き
ひたすら絵を描く日々を過ごす。

日本に戻ってからは版画制作にも取り組んでいた。
そんなささめやさんの絵が「すばる」の表紙を飾ったのは
1998年1月号の「赤と黒」。
表紙のことばに「何を血迷ったか、文学をテーマに絵を描くことになった。

・・・・・・まずは青春時代に味わったホロ苦さからのスタートだ」と記している。
2005年12月号の「国吉康雄とベン・シャーン」まで、8年間続いた表紙絵は
「月と六ペンス」「仮面の告白」「冥途の飛脚」など、
古今東西の文学、映画、演劇をモチーフにした絵の饗宴となった。

どこか懐かしくユーモラス、豊かな色彩で描かれた
抒情あふれる文学絵集が、手にとったあなたにほんのひと時の安らぎと、
かつて読んだ本の記憶を思い出させるでしょうか。
(編集Y)


ページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.