• twitter
  • facebook
  • RSS
 
 

担当編集のテマエミソ新刊案内

  • 一覧に戻る

路傍

  • 紙の本
  • 試し読みはこちら

『路傍』東山彰良

定価:1,700円(本体)+税 2月26日発売

今年の初め東山彰良氏と小説すばるのI君と一緒に船橋に出かけた。
夕方六時頃、意外に大きな駅に着き東山氏も声を上げた。
改札を抜けて目抜き通りへ向かう。

数日前ここを訪れた装丁家の松田氏と写真家の佐々木氏による
表紙の写真を見せてもらっていて、その風景はすぐに見付ける事が出来た。
写真から想像していたよりも実際の建物はやや小さい。

狭い路地に入ると、酔ったサラリーマンを連れ込むのに
丁度いい空地があるのを見つけて東山氏が喜んでいる。

駅前の繁華街、そのすぐ脇に建つ巨大マンション。
ピアノ教室の隣に風俗店があるも別世界のように見える。

狭い路地を抜けた時、ニッカボッカを履いた男二人とすれ違った。
東山氏が「いかついね」と言い、私も「強そうですね」と言う。

寒い中をしばらく歩き回ったためか翌日風邪をひいてしまった。
I君も体調が悪そうだった。
東山氏は大丈夫だっただろうか。
(編集T)

祝 東山彰良著『路傍』が第11回大藪春彦賞を受賞!!


ページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.