• twitter
  • facebook
  • RSS
 
 

作家・乙一が、あなたの「ボツ原稿」をリサイクルします! オツイチ小説再生工場 otsuichi novel recycle factory

小説を書きたくても、すぐに行き詰って、断片ばかりを産み出しているあなた。
いくらでも書けるのに、人に読ませると「つまらない」「わけがわからない」と言われるあなた。
文学賞に応募しても、いつも一次選考で落ちてしまうあなた。

その原稿、捨てるのは、ちょっと待ってください!!
どうせなら、乙一さんにポンと投げてみませんか?

「オツイチ小説再生工場」は、皆さんが溜め込んでいる「ボツ原稿」を、
乙一さんが読み、解体し、まったく別の形に生まれ変わらせるという企画です。
小説教室ではないので、原稿について手取り足取り指導をするわけではありません。
あなたが目指していた“完成形”が、提示されるわけでもありません。

じゃあ、何のために送るんだ?

もちろん、乙一さんを面白がらせるためです!
乙一さんの作家魂に火をつけるためです。
あなたの原稿を読んで、乙一さんが「自分だったらこう書くかな・・・」
「あ、もっといいこと思いついた」とひらめけば、彼の手が動きだします。
そして私たちは、乙一さんの新作を読めることになるのです。

あなたのボツ原稿が、乙一さんの燃料になります。
作家・乙一に愛の手を!(何だか募金みたいですが)

ちなみに「これじゃあ全然原形を留めていないよ!」というくらい
大胆な再利用が予想されますので、「勝手にやっていいよ」という方のみ
ご参加ください。

リサイクル対象作品については、どういうところが面白かったのか、
乙一版を書くにあたって何を考えたか、など創作の裏側も公開されるので、
小説家志望者にとっては参考になるはず。

タンスの肥やしになっている「ボツ原稿」や「断片」はありませんか?
たくさんのご参加、お待ちしています!

ご応募のさいには、必ず応募要項をお読みください。応募要項はコチラ

*発表はこのHP上「工場日誌」で随時おこなっていきます。

ページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.