• twitter
  • facebook
  • RSS
 
 

文芸単行本 ニュース

ラメルノエリキサ

2016年2月5日発売
定価:1,200円(本体)+税
判型:四六判
184ページ

  • 紙の本
  • 電子の本
  • 特設サイトへ

『君の膵臓をたべたい』住野よる×『ラメルノエリキサ』渡辺優 緊急対談!(後編)

『君の膵臓をたべたい』で、デビュー作にして本屋大賞第2位を受賞、50万部の大ヒットを記録した住野よるさん。たまたま住野さんが自身のツイッターで、渡辺優さんのデビュー作『ラメルノエリキサ』の感想をつぶやいたことから、初対面のふたりの緊急対談が実現!

前編はこちら



小説に表れる「自意識」

――お二方の作品を読んでいると、主人公の「自意識」をどう描くのか、というのを深く考えていらっしゃるように思うのですが、その点についてはいかがですか。

住野:僕は、自信がなくてうじうじしている男の子が好きなんですよ。さらに『君の膵臓~』の主人公は、自分に自信がないふりをして実は周りをバカにしているんです。そういう性格の悪い子が好きなんです。「自分が正しい」と思っている自分と「自分は間違ってる」と思う自分が、同じくらい心の中にいる。自分自身も含め、「自分がどういう人なのか、周りに説明できない」という傾向があるので、そういう子に向けた人物を書きたかった。

渡辺:私は……書いているときにはとくに「自意識」を意識しなくて、そもそも十代の女の子は全員だいたい自意識過剰だと思うので、そういう風に書いただけなんです。最近の十代の人たちって、生まれたときからネット環境が整ったなかにいて、すごく頭がいいというか、他者との関係に長けていますよね。ネットのなかですでに恥ずかしい自意識のサンプルがいろいろ見えている状態で、そうならないようにしようという自意識が強くなるんじゃないかと思います。

住野:僕は基本的に「人は他人のことを絶対に理解できない」と思っているんです。いま小説新潮で書いている「かくしごと」という連載は、他人の喜怒哀楽を感じる能力がある高校生が登場するんですが、「超能力があっても、お互いのことがわからない」というテーマなんです。生きていく上でどんな価値に重きを置くかは、本当に人それぞれじゃないですか。たとえば『ラメル~』のりなちゃんにとっては「復讐」がすごく大事で、それ無しには相手を許せない。他人には理解できない自分の価値観を貫き通しているところが本当に好きなんです。りなちゃんにはずっとこのままでいてほしいし、もっと言うと、僕は渡辺さんにずっとこの作風で行ってほしいんです。とがっているままで、丸くなってほしくないというか。

渡辺:いや、恐れ多いです。私はいままで書いたものをだれにも見せたことがなかったので、新人賞を受賞して以降、人から作品の感想をもらうのが新鮮なんです。「とがってる」というご感想も、帯に書かれた「不謹慎」というのも、言われて初めて気づいて、すごくうれしいです。

「そのへんの兄ちゃんが書いた本」と思って読んでほしい

渡辺:住野さんが小説を書きはじめたきっかけはなんだったんですか。

住野:中学のとき宗田理さんの『ぼくらの七日間戦争』のシリーズがとても好きで、自分でも書いてみたいと思ったんです。勉強も運動もできるほうじゃなかったので、小説を書くということに自分の特別性を見出していたんだと思います。それで高校生から小説家を目指して、大学生くらいから投稿し始めて……。実は『君の膵臓~』を小説すばる新人賞に送ったりもしたんです。その後作品を「小説家になろう」のサイトに載せて、ライトノベル作家の井藤きくさんの推薦で、双葉社にお声がけいただいてデビューに到りました。

渡辺:なるほど。あと住野さんは、ご活動のなかでツイッターを有効に使っているのが印象的です。

住野:僕は自分の本を、偉い作家先生が書いた本じゃなくて、そのへんの兄ちゃんが書いた本だと思って読んでもらいたいんです。実は僕、作家や編集者や書店さんの「おススメ本」って信じないんですよね。本当に失礼な話なんですけれど、「本をたくさん読んでいる人だからこそ、“面白い”本なんじゃないか?」と疑ってしまう。でも、面白いものを共有している友達から勧められた本なら信じられます。それで、読者の方に自分を身近に感じてほしいと思った結果、ツイッターでひたすら、好きなアイスとバンドのことをつぶやくようになったんですけど(笑)。

渡辺:そうなんですね。自分は真似できないので、すごいなあと思っていました。

10年後に一緒に第一線にいられたら

住野:きっとこれからも渡辺さんが本を出すたびに「ああその設定、僕がやりたかったのに!」と悔しくなったりするんだと思います。僕もまだデビューして1年も経っていないんですけれど、今後10年20年経ったときにこの作家と一緒に第一線にいたい、と思ったんですよね。こんな感情を抱いた作家さんが初めてで。

渡辺:いやあ、本当にありがたいです…!

住野:すみません、勝手なことをいろいろ言いまして。次作の構想はあるんですか?

渡辺:いま短編を書いていて、一番最近は小説すばる5月号に「ラスト・デイ」という短編が掲載されています。長編も同時に書きはじめていて……。以前は、小説家になれたら満足した小説が書けて、家で小説だけ書いていればよくて、人から尊敬されて最高だなと思ってたんですが、全然そうじゃないというのをやっと実感中です。

住野:そうですよね。僕も小説家になって、心の準備運動が出来ないまま沖に連れていかれたような感じで、足がつっています(笑)

渡辺:私も心の準備が出来ていなくて、いまだに自分の作品を読まれるのが恥ずかしくて。

住野:じゃああまり宣伝しないほうがいいですかね(笑)。

渡辺:いえ、『ラメルノエリキサ』はぜひ読んでいただきたいです…!

住野:僕の本を気に入ってくださった方は、この作品もきっと好きだと思うので、ぜひ『ラメル~』をたくさんの人に読んでもらいたいですね。

渡辺:今日は本当にありがとうございました!

住野:ありがとうございました。

前編はこちら





●プロフィール
渡辺優(わたなべ・ゆう)
1987年宮城県生まれ。大学卒業後、仕事をしながら小説を執筆。『ラメルノエリキサ』で第28回小説すばる新人賞を受賞。趣味は読書と飲酒。好きなミュージシャンはガーネットクロウ。



●プロフィール
住野よる(すみの・よる)
高校時代より執筆活動を開始。デビュー作『君の膵臓をたべたい』がベストセラーとなり、2016年の本屋大賞第2位にランクイン。近著に『また、同じ夢を見ていた』。趣味は音楽鑑賞。好きなミュージシャンは志磨遼平(ドレスコーズ)。

『また、同じ夢を見ていた』公式サイト
http://www.futabasha.co.jp/introduction/2016/matayume/




ページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.