• twitter
  • facebook
  • RSS
 
 

レンザブローについて

このサイトについて

集英社文芸単行本公式サイト「RENZABURO[レンザブロー]」は、小説やエッセイなどを中心とした文芸作品を掲載するウェブサイトです。執筆陣は、若い世代から幅広く支持をあつめている人気作家たち。誰よりも早く、最新作を読むことができます。文芸の楽しみ方をあの手この手で提案し続けていきます。

キャラクタ―について

かわうそのレンザブローと愉快な侍たち

レンザブロー

レンザブロー
かわうそ。読書の趣味としては雑食。特技、獺祭。おもしろそうなものが上流から流れてくると、とりあえず集めてダムを作る。欲が深いのでおもしろそうなものなら何でも読みたい、と思っている。

オコジョ侍

オコジョ侍
オコジョ。「何かおもしろい本はないか」といつも背伸びして探している。ジェットコースター・サスペンス系が好み。冒険小説、ハードボイルドもよく読む。歴史小説、時代小説の隠れたファン。

ぶた侍

ぶた侍
ぶた。心優しい純文学マニア。静謐な文学を好む。アフォリズムに満ちた一行、心を打つ一行と出会うのを生きがいにしている。

モグラ侍

モグラ侍
モグラ。ホラーや幻想系などの、「暗黒系」が趣味。本格ミステリ、SFも嗜む、いわゆるマニア。女性の趣味もゴスロリ系という噂。

すずめ侍

すずめ侍
すずめ。女流作家ものや、恋愛小説が守備範囲。どろどろの恋愛ものから爽やかな純愛ものまで、読書体験を通じての「恋愛耳年増」状態。「すずめだって落ちる」が口癖。

カエル侍

カエル侍
カエル。青春小説、スポーツ小説などが好み。愉快な侍仲間たちの中でも、抜群の運動神経を誇る。とにかく「爽やかで明るい小説」を読んで明るくなりたい、と思っている。ライト・ノベル系にも手を出したりしている。自分の「人生」について、ちょっと悩んでいて、悩みの答えが、本の中にあるはずと信じている。

にわとり親子侍

にわとり親子侍
にわとり。親子で楽しめる、良質のエンタテインメントを好む。ファンタジーや童話などが好き。ひよこ侍は、にわとり侍に内緒でこっそりケータイ小説も読んでいる。

うずら侍

うずら侍
うずら。ファンタジー、ロマンチックラブコメが好き。地味な容姿に人知れずコンプレックスを持ち、素直に気持ちを表に出せない恋愛ベタ。いつか王子様が現れることを妄想するのが至福の時間。



イラスト ハヤシフミカ

このサイトの推奨動作環境について

このサイトをご覧いただくには、Microsoft Windows 98 以降もしくは、Mac OS 10.1 以降のOSと、Flash Player 8 以降が必ず必要となりますので、インストールしてご覧ください。詳細につきましては、以下をご確認ください。

OS
Microsoft Windows 98 以降
Mac OS 10.1.x 以降
ブラウザ
Windows: Microsoft Internet Explorer 9.0、10.0 Firefox 最新版 Google Chrome 最新版
Macintosh: Safari 6.1、Firefox 最新版
Flash Player
Flash Player 8 以降
ディスプレイ
1024×768ピクセル以上が表示可能なディスプレイ

ブログパーツ・バナー

RENZABUROブログパーツや作家さんのブログのリンクバナーです。
ご自分のウェブサイト、ブログ等に貼り付けてください。

ブログパーツ

ブログパーツ設置方法

  1. ブログパーツのソースをコピーします。
  2. コピーしたソースをあなたのブログのお好きな場所にペーストしてください。
  3. ソースを貼り付けた箇所にブログパーツが表示されれば完了です。

<script language="JavaScript" src="http://renzaburo.jp/blogparts/blogparts.js" type="text/javascript"></script>

  • ※ブログへの貼り付け方法は、お使いのブログサービスにて案内されている各ブログパーツの設置方法をご確認ください。
  • ※ご利用のブログサービスによっては、本ブログパーツを使用できない場合がございます。
  • ※一部のOS、ブラウザからではうまく表示されない事がございます。ご了承ください。
  • ※本ブログパーツの使用によるトラブルに関して、集英社は一切責任を負いません。
  • ※本ブログパーツの改変、改造、再配布は禁止させていただきます。
  • ※デザインや仕様は予告無く変更・終了する場合があります。
  • ※本ブログパーツは、予告なくサービスを終了する場合がございます。あらかじめご了承ください。
 

RENZABUROバナー

※リンク先はhttp://renzaburo.jp/です。
バナーサイズ:小 W120×H40、中 W480×H60

RENZABURO

RENZABURO 小説・エッセイ・エンターテインメント!集英社WEB文芸「レンザブロー」

 

ダウンロード方法

バナー画像上で右クリック(Macintoshの方Controlキーを押しながらクリック)し、「対象をファイルに保存」を選んでください。
※保存先は「参照」からご指定下さい。

注意事項

・バナー画像への直リンクはご遠慮ください。

映像化コーナー

映像化コーナー


単行本新刊案内単行本新刊案内

一覧へ

共感のレッスン 紙の本

対談
共感のレッスン

著者:植島啓司/伊藤俊治

人類学や宗教学、生命科学などの知見を踏まえ、身体性に基づいた「共感の知」の必要性を説き、いま必要とされるコミュニケーションの本質を論じる刺激的な対談。

 

意識のリボン 紙の本 電子版

小説
意識のリボン

著者:綿矢りさ

母親を亡くした二十代の「私」は、「絶対に長生きするからね」と父に誓ったのに、交通事故に遭ってしまう。激痛の嵐の中、目を開けると二メートルほど下に自分の身体を見下ろしていて……(「意識のリボン」)。
表題作ほか、姉妹、妻、母親――様々な女たちの視線から世界を切り取り、 人生を肯定するあたたかさを感じさせる、全八編の短編集。

 

僕らだって扉くらい開けられる 紙の本 電子版

小説
僕らだって扉くらい開けられる

著者:行成薫

さえない日常を送る僕たちに、なんでこんな能力(ちから)が? ある日突然、不思議な力に目覚めてしまった五人。思いもよらない出来事に巻き込まれ…。小説すばる新人賞作家の、傑作エンターテインメント!

 

ファミリーデイズ 紙の本 電子版

エッセイ
ファミリーデイズ

著者:瀬尾まいこ

中学校教師から、やんちゃな娘と格闘する主婦に。作家・瀬尾まいこさん初の育児エッセイ集!

 

母性のディストピア 紙の本 電子版

評論
母性のディストピア

著者:宇野常寛

戦後のアニメーション作品を主軸に、日本社会の深層に切り込む独自の論考。政治と文学の関係性を読み解き、個人と世界の在りように新たな光をあてる、『リトル・ピープルの時代』に続く衝撃作。

 
 

ページのトップへ

© SHUEISHA Inc. All rights reserved.

next preview